• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

35GTRタイヤ交換・・・そして日産さんへ一言

2月の足回りとブレーキキャリパーのモデファイ前にタイヤ交換いたしました。
当社のR35GTRはダンロップのランフラットを装着しておりますが
各雑誌のインプレッションでどうもBSのポテンザのランフラットのドライ
グリップの評判がよくありません雑誌によってはダンロップとのラップタイムの差が
1秒~3秒も差がある場合があります。それではポテンザはどんなものかという
事で今回作業いたしました。
画像 001

まずはタイヤ&ホィールをはずしたついでに足まわりのモデファイの作業確認のため
サスペンション近辺を確認いたしました。
画像 002

前後とも別に特別な事はなくしいていえばリアのアッパーのナットをはずすのに
リアシート、リアトリム、スピーカー、リアサイドの内張りをはずす作業は必要ですね
画像 013

まずは空気圧センサーのナットをはずしてタイヤ内にセンサーを落とします。
画像 022

さてR35GTRのタイヤ交換で一番気をつけなかればいけないビートを落とす作業です。
当社ではダンロップ、ポテンザともにタイヤ内のランフラット強化ゴムの位置を
確認済みですのでビートを落とすときにタイヤ側面に圧力をかける位置、度合いは
実証済みです。これをいい加減にやりますと側面内部のランフラット強化ゴムが
割れます(本当に簡単に割れますのでご注意を・・・)
画像 010

画像 005

ビートをまんべんなく落として(この時も圧力はビートの一番ホィールに近いところが
ベストです)専用レバーにてタイヤをはずします。
画像 024

はずした空気圧センサーを取り付けます。今回はまだパッキンのゴムは劣化は見られ
なかったので再利用いたしました。
画像 01111

今回純正ホィールを単体にしてわかったことはこの画像でちょうどタイヤがホィール
に接するところがすべりどめのようにギザギザが入っていますレイズにお聞きした
ところGTRの高トルクがかかるこの部分はこの構造がないと負荷がかかったときに
確実にタイヤとホィールにズレが発生するそうです。このズレはタイヤのフラット
スポットを発生する原因のひとつでタイヤが均等に磨耗していく妨げになるとの
事でホィールバランスが狂ったり高速時にハンドルに振動が出たりすると言われました。
うーんホィールを見ながらその話をきくととても現実味のある内容です。
画像 026

ホィールバランスを取って車体に装着してナットを規定トルクにて締め付けて
作業終了です。エンジンをかけてマルチディスプレィの車輌情報からタイヤの空気圧
のモードに変えるとはじめはこのようなエラー表示が出ますがまず時速25キロで走行して
いただくとセンサーから情報が伝わり表示がもどりますこのあと再度モニターを
みながら空気圧を規定の2kgに設定しますがここで問題が・・当社で使用している
エアゲージ(フォーミュラーでも使用している高性能タイプ)で2kgに設定しても
GTRのモニターは1,98~1,96を表示します。当社のゲージがおかしいのかと思い
ほかのエアゲージで計測してもゲージは2kgをきちんと指します
この結果GTRの車輌センサーの表示誤差があると判断しました。たしかに始動時
エアが温まっていないときはモニターは確実に今までも2kgは切ってましたし・・・
この点は当店にてタイヤ交換されるお客様ご理解くださいね・・
センサーを見た感じそんな高性能なものとは思えない商品でしたし・・

そして下回りをチェックするときにリフトを上げてアンダー部を確認しているときに
発見・・・たぶん1000k点検時ホィールアライメントを調整したときに一度
アンダーデュフューザーをはずす作業をするはずですので調整終了後でデユフュザー
の取り付けネジ1個付け忘れてますよ日産さん・・・
画像 031

画像 030

左はついてますが・・・
画像 029

右はついてませんよね・・・
これを日産に2,3日前に連絡しまして大変申し訳ございませんとの事でしたが今日現在
不足のボルトを持ってくるわけでもないし何の連絡もありません・・日産さんこれからは私の
見解ですので良く聞いてほしいです当社のブログは日産の関係者も多数訪れているとの
話も聞いておりますし実際当店のHPのブリヂストンのタイヤコーナーのGTRのポテンザの
販売価格を当店に直接言うわけでもなくブリヂストンの上のほうに圧力をかけるやり方
おかしくありません?ブリヂストンさんと当社は本当に家族のような間柄ですので
ブリヂストンさんにお願いされればそれは協力しますよ、確かにパフォマンスセンターで
タイヤを交換するよりも当店は半額以下で交換してますが日本は自由市場ですよね
本当にお客様の事考えてます。私たちアフターの技術がどうのこうの言うのであれば
このボルト付け忘れの件はどうでしょう?
認証の整備機関であれば作業終了後、整備士資格保有者の第三者が
作業終了後完了確認することが義務付けらえてますよね・・これを行っていれば
このような事はないんじゃないでしょうか、当店もただ単に安く販売しているわけでは
ありませんしこうして車輌まで購入してスタッフ全員で勉強しながら技術をお客様に
提供しているわけですし・・・作業でも当店ではビス1本の取り付けの作業でさえ
終了後、作業者以外の第三者が最後確認して作業担当と確認者の判を押して作業確認書
をお客様に渡しておりますよ・・少しいろんな意味でアフター業界を少々バカにしてませんか?
たしかに元の車輌を製作しているのは日産さんでアフターに車は作れませんでも
さらにその車輌をモデファイしてすくなからず車輌販売促進をお手伝いしている現実も
あると思いますよ・・某CPチューニングメーカーさんはGTRのCPをモデファイしたら
著作権(確かにCPのデーターは日産さんの著作権があるものです)侵害で訴訟をおこす
といわれたそうです。確かに法律できんちんと守られている部分は日産さんの筋が通って
いる部分もあります。でもタイヤ等に関しまして何かが違うような気がします・・・
当店は別に日産さんをアラを探して悪く言おうというわけではなく本来所有して気がついた
ことなどをユーザーの立場の目線から報告しております。また逆に今回のGTRの誕生
には感銘する点が多くついにポルシエ、フェラーリ等と比較することが出来る日本車が出たと感動すらしてます。そう思っているのは私たちだけではないと思います。当社の社長も
GTRが来てから全然F430を出動させなくなりまして理由はGTRの加速の魔力に麻痺
されたらしくF430がむしょうに遅く感じられるだからそうです。社長なんかGTRの話が
はじまりますと一人で2.3時間もしゃべり続けるほど惚れこんでおります。日産さん
GTRに魅せられた人たち、あこがれている人たちの気持ちわかってください・・・・
年収5000万円以上の人が対象というのなら当社はそれ以下の人たちで純粋にGTR
を乗ることが楽しいと感じている人たちを応援していきます。

それと当社のR35GTRの塗装の件は2月中にはGTR製作工場(栃木でしたかね?)に入庫の
段取りがとれたそうです。・・・でもデュフューザーのネジいつ持ってきてくれんですかね
ブログに訪れた皆様GTRの保有している,していないにかかわらず思いっきり談議しましよう
また当社の社長がリミッターでいらついているユーザーのために走行会をやろうーとの発言
が・・当社でも昔は富士スピードウェイで走行会をやっていたらしくまたやるか
と言ってました。その時はRE雨宮の雨さんが走りにきたりジャンケン大会とか盛り上がった
そうです。たしか専有走行で1時間50万位だったと思うとの事で(昔なんで
今はもうちょっと高いかもしれませんが)それを参加台数で均等に割って保険に入って1台の負担を最小限にして実行したいそうです。でもその実行委員は僕でしょうか?・・・暇が・・・

PS ポテンザのインプレッションはまた後日・・
スポンサーサイト

フェラーリ社工場見学決定・・・おみやげは・・

久々の書き込みです。まずは前からお話してました当社社長の
フェラーリ社見学の日程が決まりました。(いいよなー)
3月9日から1WEEKの予定でローマ、フィレンツェ、などを観光
したあと3月14日にフェラーリ工場見学だそうです。しかも飛行機は
ビジネスクラスで宿泊は4つ星級のホテルって・・・いいよなー
社長お土産お願いしますよ・・・僕たちは
社長がイタリア美人のお尻を眺めている間も一生懸命お仕事してます。
image11.jpg

そうそうもしフェラーリ社まで行って工場見学ではなくて近くの
フェラーリ博物館という事ではイタリアまで来た意味がないそうなので
裏技があるそうです。フェラーリオーナーであれば事前にフェラーリ社に
連絡しておけばファクトリーツアーに特別入れるそうでその申し込みも
念のためしておけと言われました。が・・・どうやって予約するの?って社長に
聞きましたら104で電話番号調べて予約しておけとの事・・・それってありえなーい
僕イタリア語もしゃべれないし・・・104でフェラーリ社のTEL番号教えてくれるわけ
ないと思うのですが・・と思っていたところ社長いわくコーンズの担当者さんに
連絡いれておけばコーンズの方で予約しておいてくれるそうです・・・よかった
社長の代わりにコーンズさんにメールを入れたところ車といっしょに渡した
ファクトリーツアーの記載があったVIP用ファイルを持っていけばとの事でした。
それを社長に伝えてそのファイルを見てビックリ・・・以下紹介しますね
002.jpg

まずは外見です。ちょっとしたアルバムですね・・オーナーの方みなさんお持ちですよね

012.jpg

たびん完成した日付と当社のF430を担当したエンジニアのサインだと思います。

005.jpg

以下当社の車の製作工程がアルバムになっております。アルコア社のアルミフレーム
が良くわかります。

006.jpg

本当にオールアルミボディなんですね・・・

007.jpg

V8エンジンを搭載した直後の模様だと思います。

008.jpg

当社のF430の完成です

011.jpg

そしてアルバムの最後にオーナーのためのファクトリーツアーの案内欄だと思います。
このようなアルバムは本当にオーナーにとってはうれしいですよね・・普通は大事に
取っておきますよね・・・それなのにうちの社長はそんなのどこにやったかわからいと
いいまして2.3日かかって探したそうです。オイオイ・・
さて日頃、当社がお世話になっている仕入れメーカーさん、問屋さんうちの社長に
お土産をご希望の方はわたくし部長が窓口になりますのでご希望商品と個数を
お伝えください社長は買ってくるかどうかわかりませんが私が受付しまして社長に
まちがいなく伝えます・・あと社長この間私にどこで円をドルに変えれるんだと
言っておりましたがイタリアはユーロです。アネックスは使えるんだよな・・・
それを言うならアメックスです・・・・あ然です
こんなことではもしかしたらパスポートも
必要って知らないんじゃないでしょうか・・・不安
でもくれぐれも写真撮って来てくださいよブログで報告しなければいけないんですから


明日は雪?・・・

今夜の深夜から東京地方も雪になりそうなので当社の2台の
デモカーは金曜日から社長の自宅のガレージに移動しました。
(会社にあると出し入れしないといけないので)でも積もるのですかね?
そうそうそれと2月にまたまた当社の取り扱い商品が多数、原材料の値上げや
為替の変動で値上がりします、ティンの車高調、コニーのショック、一部の
タイヤメーカー等かなりのメーカーになります。また3月にはブリヂストンをはじめ
それに追従してほとんどのタイヤメーカーが値上げしますね。私たち車好きには
ガソリンの値上げ等とてもつらい現状ですね・・・でも当社はなるべくいい商品を低価格
と確かな技術でご提供するよう努力いたします。みなさんの応援よろしくお願いいたします。
そうそうGTRモデファイプロジェクトでひとつご報告がシートとタイヤ&ホィールを協賛して
いただけるメーカーさんが数社名乗りを上げていただきました。本当にありがたい
です。またその状況は取り付け後の画像とインプレッションをご報告いたします。
2月の上旬には車高調とキャリパーツキットのセッティングと装着&テストを兼ねまして
エンドレスのレーシングファクトリーに入庫いたします。その報告はまた・・
等ブログにご意見大歓迎です・・・

オートサロン2008

当社の部長と仕入れ業者のS氏と行ってまいりました。東京オートサロン
2008です。今回は注目はランエボX、GRBインプレッサ、R35GTRの
パーツを中心に確認ならびに各メーカーさんとの商談が目的です。
結構手ごたえのある商談もできましたので当店HPにてキャンペーン等は
報告いたしますね
IMG_2321.jpg

当店でエアロパーツが大変売れております。トップシークレットさんのR35GTR
です。カーボンを主体にしたエアロがとってもセンスよく装着されておりまして
ハデすぎずシンプルなスタイルが好印象です。本日確認したところまだ試作品で
価格、納期は未定との事でした。
IMG_2312.jpg

アミューズさんのR35GTRです。得意のチタンマフラーとエアロが決まってました。
マフラーはお客様から問い合わせが来まして確認したところすでに発売して
おりまして納期は約1ヶ月半ぐらいだそうです。価格はお問い合わせくださいね
IMG_2308.jpg

IMG_2329.jpg

IMG_2332.jpg

エンドレスさんのR35GTRです。ブレーキ関係がフロントに6POTの一体成型
キャリパーがついておりまして車高調もジールの新製品が装着されておりました。
材質からこだわっているだけありましてどちらもものすごく軽量に出来ておりまして
さすが物作り日本という技を見せてくれますね、今では有名メーカーもほとんどが
部品を東南アジアに生産させている現状のなかエンドレスは全て社内生産で
車高調のショックのケースから中のピストン、バルブまでも社内のマシンニングで
生産してるそうです当店のRもエンドレスの車高調とキャリパーキットを当店独自の
セッティング(主に筑波と富士仕様)で製作することに決定しました。これに伴い
新しいブランドも立ち上げます。またエアロ、内外装パーツも今有名メーカーさんと
話も煮詰めておりますので発表はもうしばらくお待ちください。
IMG_2323.jpg

こちらも当店にてパーツがバカ売れしているHKS関西さんのR35GTRです。
ショーでは開発パーツはこれからという感じでただフロントについていた牽引フック
とてもカッコいいです。フェラーリのチャレンジカーによく装着されている雰囲気が
似ていてGOODです。本日関西に問い合わせたところ1月の末には上がるそうです。
定価はまだ未定との事でした。
あとは気になったのは写真録り忘れましたがマインズさんのRですがお客さんに
マインズさんのマフラーが欲しいとお問い合わせいただきましたが
まだ開発中で価格、納期は未定との事です。

あけましておめでとうございます。

画像 0181

リア下からデュフューザーをのぞきました。リア下から見ると
カーボンアンダーデュフューザーの仕上がりの綺麗さと
本当にフロントからの空力の流れがこのデフューザーをエンド
として高速時のダウンフォースとフロントからのエンジンの熱を
綺麗に流している事がわかりますねこれでは社外でエアロなんて
出そうものなら本当に風洞実験等をしてデーターでユーザーに示さないと
ノーマルより優れていると証明しないと売れませんね・・・
でもこの空気の流れに関しましてはF430も負けておりません
今度画像UPしますね
去年の12月末に1000kmの慣らしが終了してパフォーマンスセンター
にてオイル交換と点検&アライメントのデーター測定をしていただきました。
R35GTRのオーナーの皆様あのコーナーリングの良さは結構足回りに負担が
かかっているみたいで慣らし運転1000kmにもかかわらづ当GTRはトーが
規定値より狂っておりまして調整していただきました。また日産パフォーマンスセンター
のGTRアライメント調整機が当店でも使用している3Dアライメント機と同等の機種と
判明(カメラが測定していくタイプ)パフォーマンスセンターと同等のアライメント技術をご提供できます。
足周りのブッシュ類のヘタリが早そうなので純正パーツ調べてみます。
あと塗装のクレームに関しましては当GTRと同様のクレームがかなり出ている
らしく日産いわく対応にテンテコまいとの事で本当でしたら年明け早々に
引き取りにくるはずがもう少し待っていただきたいとの事で連絡待ちです。
その件をあってか点検時のオイル交換料金のお支払いも日産さんから
保留となりました。
プロフィール

シャチョウ

Author:シャチョウ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。